さちろくまのコスメ日記

アラサーで急激に美に目覚めた女のブログです。

まつ毛美容液でまぶたが腫れた人が増えている模様

こんにちは~。

 

昨日も書きましたが、わたしは現在両目にものもらいが出来ていてアイメイクができません。

 

 

 

 

原因は多分古い目薬間違って使ったからだと思います。

本当に目も含め体の健康は大事です。

 

 

だってまぶた腫れたらまつ毛どころかアイメイク全く出来ませんからね。

 

コンタクトだって入れられない。

 

 

f:id:h0kky0ku:20190904193154j:plain

 

 

ちょうどものもらいが出来る前にいいまつ毛美容液はないかなーって思ってドラッグストアとかネットで探していたんですけど、そんな時にこんな情報を耳にしました。

 

 

www.google.com

 

 

何やらまつ毛美容液で「まぶたが腫れた」などの健康被害を受けた相談が増えているそうです。

 

 

これを知ったのは最近わたしは化粧品検定1級っていう検定を受けて、コスメコンシェルジュに認定してもらったんだけど、その会員用のメルマガで配信された記事がきっかけでした。

 

 

ちょうどまつ毛美容液探していたからタイムリーだなーって思って読んでいたのですが、その後ものもらいも出来てさらにタイムリーになりました。

(原因はまつ毛とは関係ないけど。)

 

 

 

 

 

今回の件で独立行政法人国民生活センターがネットで買えるまつげ美容液を20種類調べたらそのうち5個は「医薬部外品」「薬用」の表記をしてたそうです。

 

 

現在はまつげの育毛の医薬部外品はないので、これらは髪の毛用の育毛成分をまつげ美容液として売ってたと考えられるとのこと。

 

 

 

個人的には顔に、ましてや目の周りに頭皮用の成分を塗布するとか恐ろしいこと限りなしです。

 

 

顔、特に目の周りは皮膚が薄く、塗ったものは頭皮含む体の他の部位よりたくさん吸収してしまいます。

しかも目に入ったら粘膜やら眼球やらあるのに。

 

 

 

会員用メルマガによると、よくまつ毛美容液の宣伝文句に「育毛」とか書いてあるみたいだけど、今の日本国内で発売されているまつ毛美容液の成分は全て一般化粧品で、医薬部外品の効果である「育毛」を謳えるものはないそうです。

 

 

中には医薬部外品育毛剤がまつ毛美容液として発売されているものもあるけど、まつ毛に使える成分として医薬部外品はないので、「医薬部外品」「薬用」の育毛剤はまつ毛に使わないようにしましょうとのことでした。

 

 

 

 

 

でも何よりネットショップにしろ実店舗にしろ、安心して使えないようなものが売ってるってのがイヤですよねー。

 

 

売ってたらそれなりに基準をクリアしてるもんだと思って安心して使っちゃう人が多いと思うし、こういう問題が出てくるのって残念です。

 

 

もちろん、体質もあるから一般的には安全なものでもその人に合わなくて問題が起こる可能性もゼロではないと思いますが。

 

 

 

 

 

まつ毛伸ばしたい人ってアイメイクをよりきれいに仕上げたいって思っている人が多いと思うけど、そのためにまぶた腫れてアイメイクできなくなったら本末転倒すぎですよね。

 

 

わたしもまだまつげ美容液の成分とか細かく見てないけど、ちょっとしっかり成分とかも見て安全そうなのを選びたいと思います。

 

 

ものもらい治ってまた腫れたら、メイクできなさすぎてメイクの仕方忘れそう。

 

 

 

 

 

よく考えたらそもそもまつげ美容液って美容液なんだから、名前からし育毛剤じゃないよね。

 

 

 

何のレビューでもなくてすみません。