さちろくまのコスメ日記

アラサーで急激に美に目覚めた女のブログです。

証明写真が盛れたアイライン

こんにちはー。

 

この前証明写真撮ったんですけど、裸眼につけまやマスカラなしなのに結構盛れた気がするので今日はその時のアイメイク方法を書きます。

 

今日書いていることは完全に自己満であることを先に述べておきたいです。

 

ちなみにこの日写真を撮った日は前回のブログのCLIOプロアイパレット♯シンプリーピンクでのアイメイクを研究していたので、目以外は適当なんでホントにアイメイクだけで盛れたって感じです。

(こうなるなら目以外も気合入れたらよかった。)

 

アイシャドウの塗り方は前回のブログで書いているので、主にアイラインについて今日は説明します。

アイシャドウについては描いている前回のブログはこちら↓

cosmecosme.hatenablog.com

 

 

 

 

盛れた証明写真と盛れてない証明写真の比較

f:id:h0kky0ku:20191002125447j:plain



どうだろう?

画質が結構違うってのがあるけど、わたしとしては結構違う気がするけど。

ちなみに盛れたほうは先週くらい、盛れてない方は2ヶ月前くらいに撮ったので、顔立ち自体が変わったってことはないと思う。

 

多分シンプリーピンクを使った秋メイクの研究ってことで、秋らしいダークなアイメイクで目元が大人っぽくなり過ぎないように黒目強調するアイラインと同時にいかに幼く見せるかを研究していたから、それが良かったんだと思います。

(幼いとか言う歳でもないけど)

 

アイラインの引き方

アイラインを引くにあたっては、いかに幼い系の目元に出来るかを意識して、この3点をキーワードにメイクしました。

  1. 垂れ目に見せる。
  2. 平行二重ではなく末広二重を目指す。
  3. 黒目を大きく見せる。

 

ちなみに使うのはリキッドアイライナーです。

 

1、垂れ目に見せる。

つり目でも幼い人はいるけど、垂れ目の方が無難に幼くなるだろうということで垂れ目を目指しました。

 

アイラインで目尻を下げることももちろんですが、垂れ目=目尻が下がっているということは垂れ目=目頭が目尻よりも上と言うことです。

 

なので目頭のアイラインを太く、目尻を細めに引きました。

 

2、平行二重ではなく末広二重を目指す。

平行だろうが末広だろうが童顔は童顔なんです。

でも、日本人の子供の写真を見たらどちらかと言うと末広型が多かったのでそこを目指すことにしました。

 

なので、目頭のアイラインは太く少しだけ二重幅を潰して、目尻側は極力粘膜とかまつ毛の間を埋めるくらいにして目尻にいくほど二重幅を強調します。

 

3、黒目を大きく見せる。

これは昔っから雑誌とかに載っていたテクニックだけど、黒目の上のアイラインを太くすることと、下まぶたの粘膜の黒目の下だけを塗るという方法でいきます。

 

この1~3までを考えなたら引いたアイラインがこちらです。

f:id:h0kky0ku:20190926232144j:plain



 

A、1,2.3を踏まえたら目頭~黒目の上は太目がいいので太く引く。

これで目頭側が目が縦に大きくなるのと黒目が強調されます。

 

B、黒目の終わりから目尻にかけては粘膜やまつ毛の隙間を埋めるだけです。

 

f:id:h0kky0ku:20190926232602j:plain

そして目の形に添ってまるくラインを引くのではなく、黒目の終わりから目尻にかけては直線でラインを引きます。

黒目の上を頂点として下瞼を底辺として目を三角にするイメージです。

f:id:h0kky0ku:20191009215322j:plain

 出典mi-suke17.cocolog-nifty.com

まさにこの形を目指します。

 

C、目尻からはみ出した部分は普通の太さで、垂れ目になるように下げ気味で引きます。

 

D、わたしみたいに離れ目の人は目頭切開ラインを入れる。

 

F、3で黒目を大きく見せるために下まぶたの粘膜をアイラインで塗ると書きましたが、黒目の下の目頭側半分を特に濃い目に塗ります。

 

目の中で瞳がどこにあるかで顔の印象が結構変わってきます。

瞳が外側にあると少しハーフっぽく、内側にあると童顔っぽい印象の顔立ちの人が多いことに気付いたので、今回はちょっと瞳が内側よりにある目を目指してみました。(持論すごい。)

 

涙袋を書く

涙袋はあった方が絶対に写真は盛れると思っています。

(もしかしたら似合わない人もいるのかもしれません。)

 

なので、わたしは涙袋はありませんが、影と光を操って作ります。

作り方は多分普通のやり方で明るいシャドウを涙袋に塗って、その下に影を書いています。

 

わたしが普段使っているものはこちら。

f:id:h0kky0ku:20190926232904j:plain



エクセルのシャドウのベージュの方と、セザンヌのアイブロウ、K-palletのダブルライン用のライナーです。

 

 恋が叶うアイシャドウとして有名↑

 

 

セザンヌ ブラシ付アイブロウ繰り出し 03 ナチュラルブラウン 0.23g

セザンヌ ブラシ付アイブロウ繰り出し 03 ナチュラルブラウン 0.23g

 

セザンヌのこのアイブロウは芯が楕円でアイブロウとしてすごく使いやすいです。

画像

しかも600円くらいで安い。

 

 これは二重の線とか涙袋の影書くときに便利なリキッドライナーです。

うっすいブラウンだから自然だし、筆も普通のリキッドアイライナーより細いので、より自然な影が描けます。

 

 

でもこれでなくても、手持ちのパール系の明るい色のアイシャドウと影になるような濃い色味のアイブロウでもアイシャドウでも何でもいいです。

 

ただ明るい色のアイシャドウはしっとり系のやクリームタイプをおすすめします。

アラサーのわたしは目の下が乾燥すると乾燥小じわが目立つので、シワシワのわたしのこだわりです。

影を描く為のアイブロウは出来るだけ細くかけるツールがあった方がいいです。

ちゃんと研いだアイブロウペンシルとか細い筆とかね。

 

 

 

ちなみにわたしは一番最初に涙袋を書いて、元々涙袋がある人になってからその他のアイメイクを開始しています

 

だって涙袋書くって事は涙袋ある人としてその日は生きるわけだから、メイクも涙袋ある人としてしないとね。

 

 

 

写真盛れると嬉ですね。

(盛れたと思っているのわたしだけかも知らんけど。)

 

免許証の写真も死んでるから今度は盛れるメイクで免許更新行きたいです。

 

にほんブログ村 美容ブログへにほんブログ村

にほんブログ村 美容ブログ コスメへにほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

 
美容・ビューティーランキング


メイク・コスメランキング